歯を清潔に保つために

レントゲン

歯科での矯正治療をはじめるにあたり、注意点等も知っておくと良いでしょう。矯正治療をスタートするまでに、歯の健康状態を良いものにしておきます。歯周病や虫歯などを、しっかりと直しておくことが大切です。矯正の治療がスタートしたら、歯磨きに関して、多少の不便を感じるかもしれません。矯正装置が付いていますから、その周辺は歯磨きのブラシをあてても、汚れが落としにくく感じます。歯磨きで汚れが落としきれないと、歯周病や虫歯にもなりやすくなります。そのため、歯科医院で、治療中でも使いやすい歯ブラシを購入するなど、対策が必要です。間食を控えるもの良いでしょう。大人であっても、歯科でブラッシング指導を受けて、日々の歯磨きに生かすことも大切です。

歯科矯正をはじめるにあたり、リスクなどを情報として知っておくのもよいでしょう。注意点がわかれば、総対処したらよいのか、豆知識を最初に付けておくことができます。歯科矯正では、治療をしている間、矯正装置を装着していない時よりも、歯を清潔に保つ必要があります。というのも、歯の汚れがいつもよりつきやすくなり、離れにくい環境であるためです。いつもよりも丁寧に、毎日のブラッシングをする必要があります。歯科医院では、特殊器材で、歯のクリーニングできるものがあります。フッ素塗布やPMTCなどです。普段は念入りにブラッシングして、定期的に歯科医院でデンタルケアをするのも、健康な歯を保つためには、良い方法になります。歯をキレイにしておくことは、歯の健康にもメリットです。